ガードルの正しい履き方は、ガードルのウエスト部分と裾部分をを折り返します。脚に通して履いたら、ウエストと裾の部分を伸ばします。ウエストから中に手を入れて、太もものお肉をヒップの中央部分に持ってきます。

しっかりと上に引き上げて、身体にフィットしたら完了です。ガードルは、ショート丈なのかロング丈なのかで履き方で変わります。だが、基本的には生地を傷めないようにしてから脚から優しく履けば良いです。履いてみた後に上手く自分の身体にフィットしない時は、ガードルのサイズ選びが間違っている可能性があります。

このため、違う製品を選んだり別のサイズに取り替えたりした方が良いです。ガードルは素肌に直接履く方法と、下着の上から履く方法があります。ガードルの履き方は特に決まっていないが、下着の上から履くのがおすすめです。

それは産後の女性は、今までと同じ肌のお手入れを行っていても肌トラブルに悩まされる場合があるためです。ガードルの生地が肌に合わなくなる事もあるため、普段から使っている下着の上に履けば問題がなくなります。